GIANT TCR SLR1 2016

富士チャレンジに向けて装備を強化しました

エンデューロ開幕に向けた準備を進めています。
第1弾はお手軽エアロホイールの定番 フルクラムレーシングクワトロ(軽いインプレはこちら)でした。
そして第2弾はな、なんとチャリのアップグレードです。(嫁さんのね)

富士チャレンジには”車種自由”というカテゴリーがないんです

10月のかすみがうらエンデューロは”車種自由”というカテゴリがあって、チーム内にロードレーサーだけでなく必ずクロスバイクを1台いれないといけないルールがあります。
しかし、9月の富士チャレンジには”車種自由”というカテゴリがないため、クロスバイクに乗っていてもロードバイクだけのチームと同じカテゴリで戦うことになります。
ロードレーサーに比べて車体が重く、上体が起きたポジションのクロスバイクは当然レースには不向きで乗っていること自体がマイナスなんです。
そこでクロスバイクしか持っていなかった嫁さんの自転車をついにロードレーサーに変更しました。

モデルはGIANT TCR SLR1(16年モデル、11速アルテグラ、フル装備!)

GIANTの一般的なアルミレーサーとは違って、極薄チューブを採用した超軽量アルミレーサーで数年前まで国内プロチームも使っていたシリアスモデルです。
南町田のグランベリーモールのモンベルで偶然見つけ、あまりの破格値(定価24.5万が18.4万)のため取り置きしておいてもらい、一週間他のお店も見た結果、思い切って購入しました。

では細部を見てみましょう。

外観

フレーム&フォーク形状も最新のトレンドを取り入れていて、オールラウンド兼ヒルクライムモデルながらエアロ形状にもなっているという死角のない超優等生モデルです。
実をいうと本気で私が欲しかった…(サイズがなかったんです)

6800系アルテグラをフル装備(GSに既に換装済) 標準装備されているホイールも決して安物ではありません (ハブ音がデカイ!)

6800系アルテグラをフル装備(GSに既に換装済)
標準装備されているホイールも決して安物ではありません
(ハブ音がデカイ!)

ケーブルは全て内装式(チューブの中を通っている)で、見た目はスッキリです でもワイヤー交換できるかな…

溶接跡を見えなくする技術に関してはGIANTは断トツで優れている(手間をかけている)と思います。
まるでカーボンフレームのような滑らかさです。
ケーブルは全て内装式(チューブの中を通っている)で、見た目はスッキリです
でもワイヤー交換できるかな…

XSサイズのため、トップチューブとボトムチューブの隙間が狭いので、横出ししやすいエリートのカンニバルを装着しました

XSサイズなのでトップチューブとボトムチューブの隙間が狭いんです。
そこで横出ししやすいエリートのカンニバルを2個装着しました

空力特性向上のため、タイヤ形状に沿ってチューブをエグッています。 カーボンモデルでは当たり前のデザインですが、アルミでここまでシャープにエグッているのは珍しいです。 またシートステーの接合位置もトップチューブより低くなっていて、リヤ三角の軽量化と剛性アップを狙った最新形状になっています。

空力特性向上のため、タイヤ形状に沿ってチューブをエグッています。
カーボンモデルでは当たり前のデザインですが、アルミでここまでシャープにエグれるのはさすがGIANT!。
またシートステーの接合位置もトップチューブより低くなっていて、リヤ三角の小型・軽量化と剛性アップを狙った本格レーサーの仕様になっています。

重さ

このモデルは2016モデルですが初登場は2014年で、当時、軽量アルミとして有名だったキャノンデールCAAD10よりもフレーム重量は30g軽く(1100g)GIANTのアルミ薄肉化の技術力を見せつけた力作です。
完成車重量(ペダルレス)で比較すると、一般的なアルミレーサーが10kgを切れば軽量と言われる中、カタログ記載値は7.8kg(Mサイズ)とミドルクラスカーボンモデルに肩を並べる軽さです。

実際に乗る状態はペダルを付けるし、ボトルケージ、コンピュータ&ブラケットなどを装着するので、カタログ記載値より重くなるので走行状態で実測してみました。結果…

買ってきた状態(XSサイズ)にペダル(SPD)とボトルケージ×2個を付けた状態で測った結果、8.4kg
一方、私の2011年 TCR2(Mサイズ)はプロロゴのサドルや3Tのカーボンシートポストやハンドル&ステムに交換してあり、更にホイールをデュラエースWH9000-C24CLに交換したヒルクライム仕様で8.7kgでした。
私の方は後はハンドル&ステムをカーボン化する位しかできませんが、TCR SLRはまだ何も変えていません。
簡単に8kgは切れる気がします。

なんとも…
すごいアルミモデルです。

買ってきた状態にペダル(SPD)付き、ボトルケージ×2付き重量は8.4kg!

TCR SLR1(2016 XSサイズ)は買ってきた状態にペダル(SPD)と、ボトルケージ×2をつけて重量は8.4kg!

私のTCR2(2011)はデュラエースを付けてこの重さです

私のTCR2(2011 Mサイズ)はデュラエースを付けてこの重さです

ちなみに今まで乗っていたクロスバイク(ビアンキ カメレオン3)はペダル付きで10.7kg 重かったんだね~

ちなみに今まで乗っていたクロスバイク(ビアンキ カメレオン3)はペダル付きで10.7kg
重かったんだね~

唯一の難点は標準でついているコンポ

コンパクトクランク(アウター/インナー:50/34T)全盛の中、プロコンパクト(52/36T)というちょっと大きめのクランク(フロントギヤ)がついています。実はここが唯一の難点だったんです。
そもそも、フロントトリプル(最小22T)でリヤ32Tというウルトラローギヤがついているクロスバイクに対して、男ギヤともいうべきギヤがついているので、アスリートでもないちょっと元気な普通のオバさんに踏めるハズがありません。
このままだったら、恐らくアウタートップ(52×11T)は一生使わないでしょう。
そこで、クランク交換は部品代が高いのでリヤのカセットギヤを交換することにしました。

ロードレーサーは通常フロントは2枚ギヤがあります。 外側(重いギヤ)の歯数は52 内側(軽いギヤ)の歯数は36となっています

ロードレーサーは通常フロントは2枚ギヤがあります。
外側(重いギヤ)の歯数は52
内側(軽いギヤ)の歯数は36と書いてあります

クロスバイクのギヤ比、恐るべし!

前に乗っていたクロスバイク(ビアンキ カメレオン3)はフロントに3枚のギヤ(44-32-22)、リヤには9枚(12-32T)で3×9=27速ありました。
驚異的なのはそのギヤレシオで特にロー側は32/22=1.455という超ローギヤードな(軽い)ギヤ比を持っていました。
(このギヤ比だったらタイヤがスリップしない限り登れない坂はないでしょう)
一方、TCR SLR1はフロントが2枚(52-36)でリヤが11枚(11-28)で2×11=22速です。
また、ハイアマチュア以上を対象にしたモデルなのでギヤ比もそんなに軽いギヤは持っておらず、最も軽くても28/36=0.778です。
0.778というギヤ比はカメレオンだとほとんどアウター縛り(フロントギヤを一番大きいモノに固定している状態)に近いギヤ比ですが、ロードレーサーとしては普通なんです。
つまりクロスバイクからの乗り換えだと相当重いギヤしかないことが分かります。
しかし、うーこさん(嫁)の話を聞くと半原超えでもフロント22Tは使っていない、とのことなので32/32=1.0にすればカメレオンの時と変わらないギヤ比になるということが分かりました。

32Tを装着

どうやったらギヤ比を1.0に近づけられるか考えました。
結論から言うとデュラエース、アルテグラ、105の部品の組み合わせではギヤ比1.0は再現できません。(軽すぎる!)
アルテグラ/105にある11-32Tのリヤスプロケットと50-34Tのコンパクトクランクの組み合わせが最も軽い組み合わせになるようです。
そこでとりあえず、11-32Tのリヤスプロケットを入れて、ちょっと山を走ってもらって様子を見ることにしました。
ギヤ比でいうと32/36=0.889になります。
更にコンパクトクランク(50-34)に変えると、32/34=0.941まで行きますが、ここが限界です。

32Tを使う場合、標準で付いているリヤディレーラー(SS)では32Tをカバーできないので、テンションプーリーとガイドプーリー間の長さを長くしたディレーラー(GS)に換装します

32Tを使う場合、標準で付いているリヤディレーラー(SS)では32Tをカバーできないので、テンションプーリーとガイドプーリー間の長さを長くしたディレーラー(GS)に換装します

32T、デカ!!

32T、デカ!!

センサー(RIDESENSE)装着

GIANTの本格レーサーにはペダルの回転数(ケイデンス)と車速を検知するセンサーをスマートに取り付けられるように予めフレームがデザインされています。
専用のセンサーを使えば、スッキリ収まるので、ここはクロスバイクから移植するのではなく専用品を購入しました。
ちなみにガーミンEDGE500との相性はバッチリで、何もしないでペアリングも完了して、勝手に表示してくれました。

GIANT純正センサー ”RIDESENSE ” クランクとホイールに付けるマグネットも付属しています。

GIANT純正センサー ”RIDESENSE ”
クランクとホイールに付けるマグネットも付属しています。

(左)RIDESENSE対応フレームにはチェーンステーに予め取り付け穴が開いており、ゴムで栓がしてあります。 (右)ゴム栓を外して、付属のネジで留めるだけで装着完了!

(左)取り付けは簡単です。RIDESENSE対応フレームにはチェーンステーに予め取り付け穴が開いており、ゴムで栓がしてあります。
(右)ゴム栓を外して、付属のネジで留めるだけで装着完了!

ちなみに私のセンサーの取り付け状況 普通はこのようにチェーンステーに結束バンドで留めるもんです

ちなみに私のセンサーの取り付け状況
普通はこのようにチェーンステーに結束バンドで留めるもんです

簡単なインプレ by うーこさん

先週、この仕様でグランフォンド八ヶ岳で使用するコース(グルメフォンド)を走ってきました。
海岸寺を含む山ばっかりのコースだったのですが、以前カメレオンで挑戦した際は勾配に負け、歩いてしまったのに今回は距離が短く感じるくらい登れたそうです。峠も笑顔で越えてました。(前回は余りの急勾配に連れてこられた事に腹を立て、石を投げられたんです…)
昔に比べて、体力が付いたのもありますが、車体の軽さが登坂力を向上させたのは間違いないようです。
(当たり前なんだけど、クロスバイクとは比べモノにならない程よく走る気持ちいいバイクだそうです)
気になっていたギヤ比ですが、海岸寺は確かにきついのですが途中折り返しがあって、キツイ区間は意外と短いんです。
このため苦労はしましたが何とか乗り越えられたようで、この様子ならエンデューロにある短い登り区間はナントかなると思いますのではとりあえずクランク交換なしで行こうと思います。
(ヒルクライムをやる場合は、交換MUSTですね)
また久しぶりの新車で気を良くしたのは間違いなく、家でもローラー台にのるようになりました(これも新車効果?)
そのくらいやる気にさせる程、感触が良かった、ってことなんでしょう。
ホンッとに俺が欲しかったよ~
うーこさん、頼むから結果出してよ!

ブログランキングに参加しています
よろしければ下記をクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします


デジタルラゲッジスケール
旅行用荷物の重さを測るスケールですが、自転車の重量を測るのにも最適です。
ベルト式なのでフレームに傷がつきません

Amir・ ラゲッジチェッカー 吊りはかり 最大50kg スーツケース用 吊り下げ式 スケール 小型 携帯 旅行用

新品価格
¥1,099から
(2016/9/10 22:01時点)

今回装着したボトルケージ
横から取り出しやすいのでコンパクトなフレームやシートチューブ側のボトル用には最適だと思います
amazon

エリート(ELITE) カンニバル CANNIBAL ボトルケージ ブラック/ブルー 0291150004

新品価格
¥1,792から
(2016/9/10 21:44時点)

Wiggle
急がないのであれば海外通販を利用するのもいいですよ(価格はこちらの方が安いです)
買い方を工夫すれば送料無料になるので、まとめ買いをする人はこちらも要チェックです
(wiggleの場合、総額7000円以上(10,000円以下)の買い物は送料無料です。詳しくはリンク先を確認してください)

楽天

ELITE(エリート) Cannibal (カンニバル) ボトルゲージ  自転車 bebike 0824楽天カード分割

価格:1,715円
(2016/9/10 21:46時点)
感想(27件)

リヤスプロケット 11-32
アルテグラと105に設定されていま
amazon
今回使用したのはこれです(アルテグラ)

シマノ CS-6800 11S 11-32T

新品価格
¥6,484から
(2016/9/10 21:48時点)

こっちは105

シマノ CS-5800 11S 11-32T 12346802582 CS-5800

新品価格
¥4,250から
(2016/9/10 21:50時点)

楽天
アルテグラ

【送料無料 自転車 スプロケット SHIMANO シマノ】[ULTEGRA アルテグラ 6800]「CS-6800」(11-32T)(14-28T)6800シリーズ「ULTEGRA」の11スピード対応 HG-EVカセットスプロケット。スプロケ ホローテック ロードバイク ディレイラー コンポーネント ダブル【BICYCLELAB】

価格:6,998円
(2016/9/10 21:52時点)
感想(0件)


105

【自転車 スプロケット SHIMANO シマノ】[105 5800]「CS-5800」(11-32T)5800シリーズ「105」の11スピード対応 HGカセットスプロケット。スプロケ ホローテック ロードバイク ディレイラー コンポーネント ダブル【BICYCLELAB】

価格:4,654円
(2016/9/10 21:53時点)
感想(1件)

    GIANT TCR SLR1 2016” に対して2件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください