最強レースに勝つためのロードバイクトレーニング

レースのためだけじゃないトレーニング本

 骨折してから約2週間経ち、松葉杖での通勤・通院(歩行&バス&電車)にも大分慣れてきました。
ようやく超音波を使ったリハビリ(折れた部分に超音波をあて骨の成長を促すんだそうです)が始まったところですが、
まだまだ自転車には乗れる状態には程遠いので、今回も自転車関連の本を紹介します。
(最近、本ばっか読んでるから老眼が進んでいる気がする…) 


roadbike-trainning著者は現在、ホビーレーサー最強と言ってもいい高岡亮寛(あきひろ)選手です。
高岡選手と言えばフルタイムワーカーにも関わらず、プロを差し置いて昨年のツール・ド・おきなわや富士チャレンジのソロ200kmでも優勝している超有名人で、われわれレベルのアマチュアからすると雲の上の人です

 『あれ、昨年の富士チャレンジって、チームサミットが3位入賞したレースでしょ?』

よく、お分かりですね!!そうなんですよ~。
な~んと、そんな雲の上の人と我がチームサミットは一緒に走った事があるんですね~。
(↑ちょっと強引な展開でスミマセン)

と、勝手な独り言を言っていますが、とにかく、なんとな〜く親近感を抱いています、という事が言いたかっただけです。

ちなみに昨年の富士チャレ
現在注目度No1若手レーサー高岡選手とも戦った板子佑士選手とも知り合いになれ我々にとっては多くの有名人を生で見れた収穫の多い一戦でした
さすがに大きな大会は出会いも違いますね(しみじみ…)
と、ぐだぐだな前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

書いてあることはトレーニング方法だけじゃない!

この本は題名通り高岡さんが実施されている貴重なトレーニング方法を紹介してくれているのですが、具体的なトレーニングの方法よりも、ロードバイクやトレーニングにどう向き合うか?と言う点に焦点をあてているところが特徴だと思います。
上にも書きましたが高岡さん本人はフルタイムワーカーなので、当然我々同様に練習時間には厳しい制限があります。
そんな制約の下、如何にしてトレーニングの時間を作るか?モチベーションを維持・向上させるか?など、アマチュアサイクリストが最も参考にすべき、精神面のイロハを丁寧に判りやすく説明してくれています。
そういう意味で特にレースに出る予定はなく、ただ自転車が好きなんだけど乗る時間がないんだよな~、と言う人にも参考になる本だと思います。
また、ほとんどが実走行(ローラー台を使わない)でのメニューなので、トレーニングは好きだけどローラーは嫌い!という人にもいいトレーニング本だと思います。

『サラリーマンでも早くなる!』 そそられませんか?

『サラリーマンでも速くなる!』
そそられるセリフじゃないですか?

 

まとめると

ロードレースに出てくるいろいろなシチュエーションを想定した戦術、対処方法、トレーニングについて書いてありますが、レースに出ない人も知っておくべき情報がたくさんあります。
(例えば、機材の選び方やコーナーリングやブレーキなど操作系テクニック、など)
なので、ロードレース経験者だけでなく、これから自転車を乗り始めるぞ!という人もお勧めの一冊です。

ブログランキングに参加しています
よろしければ下記をクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします

自転車グッズランキング



 

 

レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング

新品価格
¥1,836から
(2016/1/14 21:53時点)

    最強レースに勝つためのロードバイクトレーニング” に対して1件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください