REC MOUNT type19 & GP-LEZ4/レックマウント タイプ19とレザイン用アダプター

前の投稿で紹介したとおり、ようやく強力なライトを手に入れました。(前投稿はこちら
デザインが気に入って購入したのですが、多少、不便な点がある事に気づき、対策を施しました。
それが今回紹介するREC MOUNT(レックマウント)というブラケットです。(レックマウントのHPはこちら
追加投資は痛かったのですが、レザインライトの不満はすっかり解消され、同時にハンドル周りはスッキリしました。
ライトと並んでもの凄く気に入っているパーツなので思い込み&テンション高めに紹介していきます。
どうか最後までお付き合い下さい。

REC MOUNT type19+GP-LEZ4
サイクルコンピュータとライトを一緒に取りつけることができるブラケットの紹介です

レザインの不満点
(前投稿のリマインダーです)

レザインのライトは付属のシリコンベルトでハンドルに巻き付けて固定します。
このメリットはランチや休憩の時に簡単に外して管理できるので防盗性の観点からは優れていると言えます
(逆に外し忘れたら簡単に盗まれる可能性があります)
しかしライドの前に都度付け直す際に光軸を調整する必要があるので、多少面倒なんです。
この点が私の最大の不満でした。
しかし、アメリカ西海岸でうまれた美しい工芸品のようなデザインのライトを使うには多少の不便さは必要なお作法だと思っていました
(古いスポーツカーとかチューンドカーを所有する感覚に近いのかな?所有したことないけど)

シリコンベルトでハンドルに巻き付けるだけなのでどうしても上下方向には動きます

衝撃の出会い!
全ての悩みを解決するアイテムを見つけました

ある時、自転車仲間のハンドル周りを見ていたら、ちょっとガッチリしたサイコン用ブラケットの下にライトをぶら下げているではありませんか!
しかもそんな人がアチコチにいる…
(なんか流行に乗り遅れた感、たっぷり)
よく見るとキャットアイの1600ルーメン仕様(私のレザイン700XLの約2倍のパワー&重さ!)のデカイライトもぶら下がっています!
なんと頼もしいブラケットなんでしょう!
それが私とレックマウントの初めての出会いでした。

では早速、今回購入したtype19 & GP-LEZ4を詳しく見ていきましょう

ガーミンマウント用Type19(右)
レザインライト用アダプタGP-LEZ4(左)

Type19の内容
本体(左)と下部アダプタをtype19に取りつけるためのアダプタ×1個
そのアダプタを取る付けるためのボルト×2本

3.0mmのアルミ板でサイコンのベースを挟み込んだシンプルな構造です。
背面に各種アダプタを取る付けるためのベースアダプタを装着します

REC MOUNT type19の特徴

アルミ板でサイコンマウントを挟んだだけのシンプルな構造ですが、細かく見ると軽量化目的と考えられる技術がチラチラと垣間見えます
メカ好きには堪らないポイントですね!(type19のHPはこちら
まず、本体ともいうべき2本のアームはCNC加工された3.0mmのアルミ板で、中央は可能な限り肉抜きされています
同モデルのちょっと前の製品とは肉抜き穴の数が増えていますので日々進化させているんでしょうね、素晴らしい!
一方でハンドルをクランプする部分は必要最低限のエリアのみ厚くしています
ちゃんと設計されている雰囲気がいいですね~
サイコンベースを挟み込むボルトにはちゃんとスプリングワッシャーが付いていて緩み留め対策にも気を配っています。

また、ハンドル結合部分は後端をパズル形状で噛み合わせ、締結は前端部のボルトのみで行います
これによりボルト2本分の軽量化と作業効率が50%も改善されていると思われます
(通常4本必要なボルトが2本で済む、という意味ね)

ベースはCNC加工された3.0mmのアルミ板(左)
本体を取り付けるボルトにはネジロック剤が予め塗布されています

特徴的なパズル形状による取り付け構造
軽量化と作業性UPに貢献していると思われます

ハンドル前部だけ板厚が違います
クランプ力の向上に貢献しているのかな…

重量 意外と軽いんです

今まではMr.Control(ミスターコントロール)の片持ち式カーボンアーム(ADP-3RC)をサイコンのマウントとして使っていたので、とりあえずこれと比較してみました。
アルミとは言え金属なので重量増は覚悟していたのですが、サイコンマウントとして比べるとなんと3gの軽量化になるんですね

レックマウント(左)はガーミンマウントが予め構造体に含まれているのに対し、
Mr.コントロールの方は本体とは別にガーミンマウント&ゴムが必要になります。
この差が3gになったのかな~

ライトアダプターを含めると…

ライトアダプターを含めた比較もしてみました。
Mrコントロールにはライトから外したシリコンベルトも一緒に測っています
この組み合わせだとレックマウントの方が9g重くなります
アルミの塊であるベースアダプターとライト用のGP-LEZ4の重さで逆転を許しました。
絶対値が軽いかどうか?という問題は置いといて、そんなに重量増を気にする必要はないようですね

type19+GP-LEZ4(左)
Mrコントロール+レザイン純正シリコンベルト(右)
アルミの塊であるベースマウントとGP-LEZ4の重さが効いてますね

ハンドル周りスッキリ

Mrコントロールのサイコンホルダーはカーボンの見た目と使い勝手が良かったので長らく愛用してきましたが、アーム径が細い(φ22.2)ので大きく思いレザインは上下に動きやすくなったのでライトはハンドルにつけるようにしていました。
そうなるとハンドル周りはゴチャゴチャになったんです…
ハンドルって疲れてくると色々な所を握りたくなりますよね。そんなときに好きな所が握れないとストレス&疲労蓄積の原因になるのでハンドルに色々なモノがついていると実害がでるんです。
しかし、これもレックマウントは解決してくれました!
一目瞭然ですよね~、素晴らしい!

また、サイコンの位置が今まで使っていたMrコントロールより少し遠くなったので視線移動が楽になっています。
これも疲労軽減と安全性確保には意外と大きい効果がでるのでレックマウントのメリットとしてあげていいと思います。

ビフォー(左)サイコン:Mrコントロール/ライト:レザイン純正
アフター(右)サイコン:type19/ライト:GP-LEZ4(サイコン下)

下部アダプター GP-LEZ4

サイコンベースの下には拡張性を高める下部アダプターを装備できます
(サイコンだけしかつけない場合は下部アダプターは不要)
下部アダプターは取り付けるアイテム&メーカー毎に違うので注意が必要です
ここで紹介するのはレザインライト専用アダプターGP-LEZ4です。(GP-LEZ4のHPはこちら
ライトの上下角度はライト用アダプターに付属のボルトでしっかり固定できるので光軸問題はオールクリアになりました。

図のように純正のシリコンベルトを外し、その穴を使って取りつけます。
手でも締められますが、レンチで締めた方が安心です

レザインライト用株アダプター GP-LEZ4
レザイン用にもいくつか種類があるので購入前には必ず適用表を調べる必要があります

レックマウント仕様

ガッチリついています
安心感満点!

鷺舞橋にもマッチしている気がします(笑)

更に、夢が広がる拡張性!

レックマウントの素晴らしいところはベースマウントの堅牢さだけではありません
パーツを追加・交換する事で多様なデバイスを取り付ける事ができるんです。
今までやろうとしてもどうやったらいいのかわからなかった事の答えがコレです。
例えば、
・Go Proを迫力のある走行シーンを撮影したい、とか
・サイコンとiPhone を同時につけたい、とか
・ダブルライトにして長時間夜中の山道を走りたい(*)、とか…
(*)ブルベにでるようなかなり深刻な変態(失礼!)の方々には既に定番アイテムになってます

かく言う私はダブルアームセットを追加してサイコンと、iphoneを同時にセットして、エンデューロ中に主催者が発信する順位情報を走りながら確認できるようにしたいと思ってます
コレができれば、あと何秒縮めれば順位が上がるのか?(その逆も然り)を常に把握しながら走れるので、最適なペース配分が出来るようになる(かもね?)、と思っています

type19の拡張性
ダブルライトやカメラも取り付け可能です

レース中の順位をリアルタイムに確認するためサイコンとiphoneを両方とも付けたいです

難点は?

全くイイコトしか書いていないので回しモンか?と疑い始めている方もいると思いますので、難点も上げておきます
最大の難点は商品の種類が多すぎて何買ったらいいかわからない!コトです

私の老いた頭と眼でレックマウントのHP を見るとあまりの情報量の多さにめまいを感じました。
(ドンキホーテの売り場を見た時に似た困惑感に似た感じかな)
気を取り直しでジックリHPを見ていくと、ところどころにメッセージが書いてあるのがわかります。
それらを解読していかないと目的のアイテムまで辿りつけません。
そのメッセージ探しもレックマウントの楽しみ方の一つと言えるかも知れません(これもドンキホーテに似てますね)
もうちょっとHPが見やすくなってくれると有難いんですけどね~
でも製品の実力は確かだと思いますので、是非難解なHPにチャレンジしてみてください。

type19は人気商品のため専用のカタログがあります
この中に部品選択に関する色々はメッセージがありますので、お見逃しなく!

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。

自転車グッズランキング


REC MOUNT type19

レックマウントのHPで一番最初に出てくるくらいだから、売れ筋商品なんでしょう。
”ガーミンユーザーはまずコレを選んでください”とHPは言っています。

amazon

REC-MOUNTS(レックマウント) Type19 Garmin コンボ マウント(両持ちナロー ロングタイプ, 下部アダプター付)(19-GM GP)

新品価格
¥5,605から
(2018/10/13 21:43時点)


Yahooショッピング

楽天

ああああ

【あす楽】レックマウント Type19 19-GM+GP Garmin用ベース+下部アダプタ 31.8mm ブラック 両持ちナローロングタイプ

価格:5,637円
(2018/10/13 21:52時点)
感想(1件)

下部アダプター GP-LEZ4

レザインライト専用アダプター
HECTO DRIVE、LITE DRIVEはLEZ3か下記のLEZ4が必要です。
LEZ4はLEZ3の後継機となりますが、ライトへの取り付けが手で締め付けらるようになったLEZ4の方が使い勝手がいいです。

amazon

REC-MOUNTS(レックマウント) ライトアダプター LEZYNE 用 タイプ4 [ GP-LEZ4

新品価格

¥2,160から
(2018/2/3 17:55時点)


楽天

REC-MOUNTS(レックマウント) ライトアダプター LEZYNE 用 タイプ4 [ GP-LEZ4

価格:3,384円
(2018/2/3 17:57時点)
感想(0件)


楽天はセットの方が安いかも

レックマウント LEZ-Narrow9 GP-LEZ4 レザイン ライト コンボ マウント 両持ちナロー タイプ (GP-LEZ4付)

価格:7,095円
(2018/2/3 17:58時点)
感想(0件)

Mr.コントロール

サイコンアダプターとしては安価で使い勝手がいいです。
ローラー台の負荷コントローラーのブラケットとしても活躍してくれました。

amazon

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RC

新品価格

¥1,640から
(2018/2/3 17:59時点)


楽天

(MrControl)ミスターコントロール ADP-3RC カーボンライトマウント 対応ハンドル径 25.4mm(W/シム)、26.0mm(W/シム)、31.6mm(シム無)(4580131454171)

価格:1,836円
(2018/2/3 17:58時点)
感想(0件)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください