SUMIT ウィンタージャケット

冬用長袖ジャージ作りました

まだ2016年のレースシーズンは終わっていませんが、来期に向けて冬場もSUMITを着て練習したい!という声が上がっています。
冬にスキー場に行かないで寒風の中でも走りたい!というシリアスなSUMITのメンバーにとって冬場は絶好の練習シーズンなんです
(冬場はほとんど外を走らない私とは違いますね!スゴイです、っていうかそれが普通なんでしょうね)
という事で、新たに冬用ジャージを作ってみました

冬用の長袖ジャージです チームジャージのデザインを少しアレンジしました 個人的にはこっちの方が断然カッコよくなっちゃった気がします

冬用の長袖ジャージです
チームジャージのデザインを少しアレンジしました
個人的にはこっちの方が断然カッコよくなっちゃった気がします

デザイナーズコメント

せっかく新調するのだからデザインも新しくしたいし、TJ(チームジャージ、半袖ジャージのこと)のイメージは継続したい、ということで悩みました。
TJを作ってもらったバレットの担当者と相談しながら決めたのですが、デザイン決定まで結局2ヶ月弱は掛かっちゃいました。
オーダーした商品はバレットの”ウィンタージャケット”です(メーカーHPはこちら)
このジャケットはバレットが誇る高級アイテムで以下の優れた特徴を持っています。
①柔らかい薄手の生地でありながら防風性と伸縮性を併せ持ち、裏起毛のため高い断熱性も持っていること
②光沢がある生地なので発色がよく、鮮やかな色彩表現性を持っていること。
デザインはパッと見ただけではチームジャージと変わっていないように見えるかも知れませんが、実は大きく大胆に(ちょっと大げさ)変わっているんです。
では、TJからのWJ(ウィンタージャケット)へのデザインの変更点を紹介します。

(1)TJをベースに最近流行している左右非対称パターンにアレンジ。

使用している色種と配分(≒面積)はほぼ同じですが、左サイドを緑に、右サイドを赤にして、サイドから前後に回り込むような左右非対称デザインにしてみました。
参考イメージは新城幸也が所属するランプレメリダのチームジャージです。

バレットのウィンタージャケットで作りました。 このデザインになるまで仕事終わってから受験勉強のように夜な夜なパソコンに向かって約2ヶ月かかりました

カラダの側面と両腕の内側を左右で別色にして、それぞれの色を前後に回り込むように繋げました。
仕事終わってから受験勉強のように夜な夜なパソコンに向かって約2ヶ月かかりました

こっちがベースとなったTJ 比べてみると大分違うのが分かると思います

こっちがベースとなったTJ
この時は目立つ色合いとチームロゴ&マークに集中していたので左右非対称なんて全く思いつきもしませんでした
スポンサーマークがなかったのでネームだけでした(しかも小さかった)

モチーフはプロツアーチームのランプレメリダのジャージでした

モチーフはプロツアーチームのランプレメリダのジャージでした
なんとなく(かなり)似てるかな??

(2)スポンサーのロゴマークを追加

TJ作成時にはロゴマークはメインスポンサーである『ヤックル船長のヒッチメンバー工房』しかありませんでした。しかし今回はマークが出そろったので、ちゃんと配置しました。
結果、恐ろしくカッコよくなったと思います。
早くTJも更新したいですね…
(スポンサー様にかすみがうらの結果を評価して頂ければ、来年も作れるかな…)

お世話になってるスポンサーの石原精機様 山梨の優良企業です

お世話になってるスポンサーの石原精機様
山梨の優良企業です

研磨のことならココ 高い技術と行き届いた心使いがウリの相模原の優良企業です

高い技術と行き届いた心使いがウリの相模原の優良企業です

(3)腕を組んだ時に”SUMIT”と”No attack, No chance!”が見える
(ハズだったんだけどな…)

これ、実は今回の目玉アイテムでした。
しかーーし、実際はロゴがちょっと上に来ちゃって、腕を組んだとき真正面にロゴが来ないんです。
ちょっとこのデザインのチャレンジは失敗だったかな~
(次の機会があれば、是非成功させたいと思います!)

冬用なのでインナーを考えて少し大きめのサイズにしました。

冬用なのでインナーを考えて少し大きめのサイズにしました。
腕が長めなのは自転車の乗車姿勢を考慮しているからだそうです

SUMITもNo attack, No chanceも見えない!! ちょっと失敗しちゃいました (ラインの下側がベストだったようですね)

あれれ、SUMITもNo attack, No chanceも見えない!!
ちょっと失敗しちゃいました
(ラインの下側がベストだったようですね)

小さな三角を赤く塗っています。 ここがSUMITの核ですからね

小さなコダワリPOINT
バックポケットのSUMITマークの小さな三角は中を赤く塗っています。
ここがSUMITの核ですからね

薄手の生地ですが裏起毛なのでかなりの保温効果が期待できます スキー場でも着ようかな

薄手の生地ですが裏起毛なのでかなりの保温効果が期待できます
スキー場でも着ようかな

まとめ

多少思惑が外れたところはありますが、おおむねカッコいいジャージになったと思います。
これを着てレースに出ることはないと思いますが、グルメライドや練習会はモチロン、表彰台やインタビュー(もうないか?)、メディア向け撮影会(あればね)では大活躍すると思います。
とりあえず次回のグルメライドではコレを着てカッコいい集合写真を撮りたいと思いまーす

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください