ブレーキシューの交換とリム掃除

手軽にできるので年末の大掃除の際におススメの作業の紹介です

最近ブレーキレバーの引き代が大きく、止まり難くなったな…という気がしていました。
そういやブレーキ調整なんで暫くやってなかったので、ちょっとブレーキのメンテナンスをしてみました

引き代が大きくなった原因は主にワイヤーの伸びとブレーキシューの減りです。
ある程度はワイヤ-のアジャスターで引き代を詰めることができますが、アジャスターを目いっぱい伸ばすのは構造的に危険なので、シューを見て明らかに減っていたら、早めに交換した方が無難です。
また、洗車しても落ちないホイールのリム面の汚れも気になっていたんで、見た目が悪いだけでなくブレーキの利きも悪くなるので黒いまま放置するのは安全上もよくありません。
そこで今回はブレーキシュー交換と一緒にリムの掃除もしました。
ブレーキシュー交換はもリム掃除も呆気ない程お手軽にできる作業なのでチョット違和感を感じている方は是非お試しください。

ブレーキシュー交換

シマノのブレーキはママチャリのブレーキと異なりシュー(摩擦材部分)だけ交換できるんです。
シューが取り付けてあるホルダー毎交換すると位置合わせやトーイン調整など、ジオメトリ調整のスキルが必要になりますが、ホルダーはいじらずシュー交換だけならジオメトリは変わらないので、交換するだけで作業終了です。
前後で10分もあれば余裕で終わる作業です。

シマノ ブレーキシュー R55C4(アルミリム用)
これで1台分(4本、前後ブレーキ分)です

105、ULTEGRA、DURAACEは同じ手順でブレーキシューを交換できます。
まずはこのネジを緩めます
ロック剤が塗布されているので想像以上に強い力で回す必要があります

ネジを緩めると簡単にシューだけ引き抜けます

シューを引き抜き、シューのホルダーを固定しているボルトには一切触らないのでブレーキのジオメトリの調整は基本的には必要ありません

シューホルダーにシューを差し込みます
全くストレスなく入りました

ピンぼけで解り難いですが、固定用ネジの先端に緑色のロック剤が予め塗布されていますので、このまま締め込んで時間をおけば強力に固定されます

フロントブレーキはフォークと干渉してシューを引き抜くスペースがない分ちょっとやり難いですが…

キャリパーをちょっと絞ればフォークとの干渉は解決して問題なくシューを引き抜くことが出来ます

交換前(左)と新品(右)の比較
殆ど半分以下の薄さにまで減っています
こりゃ、引き代も大きくなる訳ですね

交換前(上)はツルツルな感じに対して新品(下)はマットで摩擦在りますよ!って感じから

交換終了 交換後の23C用リムとの組み合わせ
アジャスターをフルオープンにしてもこのくらいの隙間です
ちなみにレーシングクワトロC17(25C)は空気を抜かないとタイヤを入れる事が出来ません

リム掃除

ロードバイクのキャリパーブレーキはホイールのリム面にシューを当てて制動力を得ますが、ブレーキのリム面にはどうしても小さな石や砂が噛みこみブレーキをかける度にリム面を傷つけてしまいます。
その傷跡に更に小さな埃などが油分と一緒になってこびり付いて段々と黒くなってしまいます。
洗車の際、リム面を洗剤で洗っても落ちないヨゴレを落とすことができるのが今回紹介するラバー砥石です。
作業はリム面をラバー砥石で擦るだけ。
コツは力をいれてゴシゴシやるより、比較的少し力を抜いて回数多く擦る方がよく落ちると思いました。
やればやるほどキレイになるので、そういう意味で作業時間に終わりはありませんが、今回の写真程度にするには片面5分程度。
前後輪で20分弱の作業でした。

表面のシールは剥してもいいのですが、剥がすと何だか分からなくなっちゃう気がしてそのままにしてます

研磨材入り発砲NBR
その名前通りの材質です

リム面をラバー砥石で擦ります。
タイヤのサイド面を削らないよう注意が必要です。
汚れは強く当てずに軽く当てて回数を多く擦った方が良く落ちました

施工前の状況
写真(右)だとパッと見わかりにくいかも知れませんが…
黄色○の中を拡大した写真(左)ではリムには意外と大きな傷があり、その傷に汚れが詰まっているのが分かると思います

写真右_指の位置より右側にラバー砥石を当てたところ。
ラバー砥石が当たったところは非常にキレイになっています

施工する前との違いは一目瞭然!

ピカピカになって夕日の反射が眩しいくらいです

シュー交換した感想

交換後、早速走ってみました。
ブレーキレバーの引き代が治ったおかげで安心のストッピングパワーが戻りました。
当たり前ですが軽い力で少しシューをリムに当てた瞬間から制動し始めるので、気持ちにゆとりができリラックスできますね。
リム掃除の効果は…シューを換えちゃったから分かりません
でも、見た目も良くなったし、気分的に気持ち良くなったでヨシとしましょう。
お手軽にできるメンテナンスなので、ブレーキの利きにチョット違和感がある人は是非やってみてください

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますので、よろしくお願いいたします

自転車グッズランキング


ブレーキシュー シマノ R44C5

2本セット(1輪分)と4本セット(2輪分)があります

amazon

シマノ ブレーキシュー [R55C4(BR5800)] シルバー Y8L298062

新品価格
¥965から
(2017/12/28 18:37時点)

こちらは2本セット(1輪分)

SHIMANO(シマノ) R55C4 カートリッジタイプブレーキシュー BR-9000 Y8L298060

新品価格
¥680から
(2017/12/28 18:49時点)

 楽天

 

【特急】【M便】シマノ カートリッジブレーキシューのみ(R55C4) 2ペア

価格:1,159円
(2017/12/28 18:39時点)
感想(0件)

ラバー砥石 ホーザン K141 #120

粒度違いがありますのでご注意ください。
今回使用したのは#120です

amazon

ホーザン(HOZAN) ラバー砥石 粒度:#120 K-141

新品価格
¥580から
(2017/12/28 18:41時点)

楽天

ホーザン ラバー砥石 #120(K-141)

価格:788円
(2017/12/28 18:42時点)
感想(0件)

ラバー砥石ホルダー

今回は使用しませんでしたが専用のホルダーがあります
コレを使うと持ちやすくなって作業効率が上がるそうですよ

amazon

ホーザン(HOZAN) ラバー砥石ホルダー ラバー砥石を保持しやすくする専用ホルダー 適応K-140/141/142用 K-145

新品価格
¥896から
(2017/12/28 18:46時点)

楽天

HOZAN ホーザン K-145 ラバー砥石ホルダー

価格:999円
(2017/12/28 18:43時点)
感想(1件)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください