2018夏ライドまとめ 100km超コース 三浦半島(ほぼ)1周コース編

季節外れのチャリンコ物語 2018夏 長距離編。
今回はラストの三浦半島の海沿いのコースをランチライドしたお話です。

三浦半島(ほぼ)1週コース 140km

前回の2回は坂道練習のためソロで追い込み気味に走るので、ランチのため長い休憩は取らず、コンビニのアンパンとアイスを細かく補給して完走することを優先したライドでした。
これらはちゃんと練習した感はありますが、逆にいうと ”足が攣った” とか ”勾配がキツ~イ!” とか汗だくで苦しんだ記憶しかありません。
そういう意味で一般的に ”楽しいサイクリング” という要素は少ないライドだったと言えると思います(但し、ドMクライマーは除く)

しかし今回は ”美味しいランチを食べに行く” サイクリングです。
海沿いのコースだからドMクライマーが喜ぶ坂もありません。
苦しい要素はないから、楽しいサイクリングになること間違いなしです!
(と、本気で思ってました。ランチを食べ終わるまでは…)

目的地は 横須賀 とんてつ

横須賀と言うと有名なカレー屋さんかたくさんあって”カレーの街“というイメージが強いと思いますが、今回の目的地である、とんてつ さんは基本的には本格的なとんかつ屋さんなんです。
しかし、そのカツに黒カレーをたっぷりかけたカツカレーがターゲットです。
鷺舞橋を 8:30頃出発。
境川CRから藤沢→鎌倉→逗子を経由して横須賀港ヴェルニー公園に到着
ここで時間調整のため休憩を取りました。
(ここには海上自衛隊が誇る最新鋭の護衛艦いずもが停泊していました)

ちょっと早く着きすぎたのでしばらく海を眺めて時間調整して、開店前にお店に11:00頃到着。
30分並んで一番乗りで席につけました。

始まりは大体ここ鷺舞橋。
今回も楽しいサイクリングになる予感…

中略
JR横須賀駅前ヴェルニー公園に到着

あれが噂のヘリコプター搭載護衛艦 いずも でございます

炎天下で30分並んでも食べたいカレー!
それがとんてつのカツカレー

お店外観
写真を撮り忘れたので前回来た時の写真を流用しました

お目当てのカツカレーとのご対面!

これがカツカレーです。
真っ黒なカレールーは辛さはそれほどではありませんが、野菜のうま味が凝縮されていてカツにかけても存在感が失せない濃厚な味です。
結構、ご飯の量は多めなので午後もしっかりサイクリングする方は大盛を頼む際は注意(≒覚悟)した方がいいですよ

黒カレーをくぐらせたカツはまるでかりんとうのよう

これがお勧めのカツカレー
ちなみにこれで並サイズです
大盛はよくお腹とよく相談してから注文した方がいいですよ

これは前回来た時の写真ですが、左が大盛、右が並です
大盛はかなり破壊力がありますよ

これも前回来た時注文した
とんかつ定食の写真
肉は柔らかく、サクッとしたとんかつはカレーをかけなくても十分美味しかったです

食後のコース相談

計画していたコースはとんてつまで。
食後のコースについては何も考えていなかったので以下の2案に別れました
①天気の急変予想も出ていたので来た道を引き返す案
②走り足りないのでこのままミウイチ(三浦半島一周)にいく案
結局、ここで一度解散して2グループに分かれてサイクリングを続行。
私はどうせ汗だくだから雨に降られても変わんないし、カロリー消費と今夏まだ海岸線ライドをしていなかったので、海(≒水着)が見えるコースを選びました。

ストラバのコース全体図
横須賀からが長かった…
でもジリジリと焼かれながら走るのも夏ライドの醍醐味といえると思います

 

結構、ペース上げないとイカンですね…

通常ミウイチをやる場合、ランチをとる場所は城ヶ島に設定すると思います。折り返し地点としては丁度いいので。
しかし今回は横須賀からスタートするとは言え、既にお昼を大きく過ぎていて、帰宅するまでの距離は住んでいる場所によって異なりますが、約90~110km程度あります。
この時点で午前中のノンビリペースとは別のサイクリングになる事が決定した訳です。
しかし、今回ミウイチコースに付いていくメンバーはそーゆーシチュエーションになると燃える人たちバカリ…
こりゃ先頭になったら、相当なプレッシャーだな〜
なんて事を想像しながらスタートしました。

スタートしてすぐに現れるのが観音崎灯台に向かう坂道
ここはまだ疲れていないので絶壁から望む海を横目に見ながらハイペースで走ります。
その後、浦賀の地味な海岸線はカットして内陸の短い坂道(尻こすり坂通り)に突入
ここで運悪く先頭は私。
そして予想していた事がおきました。

New Bikeでご機嫌なN隊長
最高のドヤ顔が素敵です!
(Sさんの写真を拝借)

登り坂なのに背後からラチェット音が鳴りました!

これはもちろん、”ペダルを止めて休む程、余裕だぜい” という無言の主張!!
ランチライド会のドMクライマー 通称 “黒い戦闘機” こと Sさんの意思を汲み取ったROVALのハブがジャーーーっと叫んでいます。
これが聞こえたら、もはや食後の腹ごなしのノンビリサイクリングをしている場合ではありまへん。
まるでエンデューロ練習のようなハイスピードランに変更です。

結局、ここがキッカケとなり、坂が終わってもペースは落とせず、炎天下で逆風の三浦海岸沿をハイペースで淡々と走る厳しいサイクリングに変わってしまったのでした。

しかし、逗子海岸沿いを走る時だけは、まるで全員ニュータイプかのごとき理解力で全員がほぼ同時にペースが落ちました。
不思議なことがあるもんですね~
(夏の逗子海岸沿いを走ると目を左に寄せる筋肉が疲れるんですよね~)

ドMクライマーSさんの愛機 ”黒い戦闘機” S-WORKS TARMAC
このROVALホイールのハブが坂道になると”オラオラ早くいけ~”とよくしゃべるんです

ちなみにN隊長のピッカピカのNew Bike ルーベDISK
なんやらかんやら付いたゴージャス仕様なので最高の乗り心地なんだそうです

サイクリング中に横目で眺める”The heaven” 逗子海岸(イメージ)
逗子海岸official facebookから引用

今回のアイス達

この時期、アイスは熱射病対策のためにも積極的に摂らねばなりませぬ!
特に2~3時頃の海沿いライドは我慢は禁物!(と自分に言い聞かせ)
と、いう事でまずは三浦海岸のコンビニに緊急ピットイン。さらに葉山でもピットイン。さらに…続く。

暑い、暑い、暑い、暑い、暑い

 

夏の空に映えるガリガリ君梨

三浦消防署からボトルが空っぽになるまで走って葉山のコンビニにピットイン
ハロハロも夏ライドには欠かせませんね

解散

決して楽なサイクリングではありませんでしたが、炎天下で汗だくになって、力いっぱい走った満足感と爽快感たっぷりのサイクリングでした。
こーゆー部活みたいなサイクリングも大好きです!
また皆さんとご一緒させて頂きたいと思っております。
お付き合い頂いた、皆さんありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。

お疲れ様でしたー!
(N隊長の写真を拝借)

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。

サイクリングランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください