ヒルクライム佐久2018の振り返り1 前日エントリー編

平成最期の夏、何か違うことがしたくなって新しく見つけたヒルクライム佐久に出場してきました。
そもそもヒルクライムは好きなのですが、これまでに出たレースは富士ヒルだけ。
その富士ヒルも最近は記録が伸びず、練習もマンネリ化してきたなぁ〜と感じていたところなので、気分転換も兼ねてエントリーしました。

富士ヒルとの違い

比べる事自体ナンセンスなのですが、知っているヒルクライムレースが富士ヒルしかないので富士ヒル起点で違いを並べてみます。

富士ヒルの1/10以下のエントリー数ですが、コースの厳しさは富士ヒル以上
おもてなしだって富士ヒルには引けをとらない、素晴らしい大会だと思います

ヒルクライム佐久の公式コースマップ
この図だと地元の方以外全くどこだか分からない方も多いと思います。
詳しくは末尾のルートラボをご確認ください

前日の様子

ヒルクライム佐久は前日エントリー方式なので前日の17時までにスタート地点の佐久合同庁舎に行って受付をする必要があります。
15時ころ現地に到着して受付をした後は、参加者の特典で割引のある周辺の温泉”穂の香の湯”で晩御飯まで済まして、今晩の宿である道の駅 ヘルシーテラス佐久南に移動。
翌日の駐車場開門4:30移動すべく早めに就寝しました。

エントリー会場は佐久合同庁舎
特に混雑することなくすんなりとエントリー完了

建屋の外で参加証を提示し、エントリーキットを受け取って手続き完了

参加賞のタオルのほか、ゼッケン、計測チップ、大会案内が入っています

参加賞に見逃せない逸品が!
サクマのドロップスではなく、さくしドロップス
もちろんサクマ製です

翌日は晴れ予報とは言え、まだまだ降る気満々の空模様
そんな中でもGOKISOブースだけはしっかりと出店していました
なんか神々しささえ感じられます

信州 佐久 あさしな温泉 穂の香の湯

エントリーを済ませば基本的に翌日の集合時間までやることはありません
なので、エントリーキットの中の冊子を読んでいたら、何やら参加者特典がたくさんあるとのこと
その中から近場の温泉を選び、とりあえず移動。
何の気なしに選んだ温泉がここ穂の香の湯
通常料金500円でも十分お得感がありますが、参加者特典でなんと半額の250円!
中の写真はHPで見て頂きたいのですが、大きな露天風呂があってリラックスできる温泉でした。
温泉を出た後、施設内の食堂を覗いたところ、豚好きにはたまらないメニュー”厚切りポークジンジャー定食(2枚)”を見つけたので即決で注文
甘みのある豚肉は見た目通り美味しかったです。
本音を言えばビールが飲みたかった~

会場からクルマでちょっと移動すると温泉もあります
今回利用したのはここ穂の香の湯。
参加者特典で通常500円のところ半額の250円で利用できました
ヒルクライム佐久のうれしいおもてなしの一つです

厚切りポークジンジャー定食(2枚)
豚好きには見逃せないメニューです

柔らかく甘みのある豚肉は元気の源です
美味しかった~

嬉しい訪問者

そんな訳で早めに道の駅に戻ってきて寝る準備をしていたところ、地元に住んでいるスキー仲間の”親方”が陣中見舞いに来てくれました。
夏の間、ウォータージャンプで新技習得に取り組んでいたそうで、今シーズンはゲレンデ立てる姿を期待しています
そんな親方も自転車に興味津々なので、近いうち一緒にエントリーできたら面白いね、な~んで話をしたりして、リラックスムードでレース前日の夜は過ぎていきました。

近くに住んでいるスキー仲間が陣中見舞いに来てくれました。
ホントは一緒に飲みたかったんだけど、すみません…
次回はエンドレスで付き合わせて頂きます。
親方、サンキュー!

大雨の中、蔵元まで買いに行ってくれたという名酒”佐久の花”
家で美味しく頂きました

後編につづく

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。

自転車競技ランキング


コース図

    ヒルクライム佐久2018の振り返り1 前日エントリー編” に対して1件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください