GORIX training tire 安価なローラー台専用タイヤ

寒い日が続いてますねー
もともとインドアトレーニングが主体な私はこの時期は滅多に外を走らず、連ドラを見ながらローラー台に乗ってます。
実は最近ローラー台でパンクしたんです。そこで今回は新しいローラー専用タイヤを購入したので紹介しようと思います。

GORIX training tire
真っ赤 という表記が斬新でいいですね!

ローラー台にはローラー台専用タイヤを使いましょう

外を走るタイヤでももちろんローラー台で使えるのですが、ローラー台の負荷装置はタイヤを極端に変形させるので偏摩耗させたり、寿命を縮めたりしてしまいます。
それに外を走れるタイヤはグリップ性能がいいので柔らかめのコンパウンドのせいか、ローラー台で使うとあっと言う間に磨り減ってしまいます
一方、ローラー台専用タイヤは静粛性と耐久性に特化したコンパウンドを使っているのでその辺の問題は対処済みです。
なのでローラー台には専用タイヤを使うのが合理的かつ経済的だと思います

ローラー台でパンクした!なんで?

ローラー台専用タイヤとして有名なタイヤにビットリアホームトレーナーがあります(HPはこちら)。
デザインが気に入ってタイヤの買い替えの際もブレずにこのブランドをずーっと愛用してきました。
で、今回は新品のホームトレーナーを一年くらい使っていたある日、パンク(スローパンクチャー)したんです。
ローラー台でパンクしたのは初めてで
「バルブが緩んで空気が抜けただけでしょ?」
と思って、バルブをチェックしても異常なし
もちろんチューブをチェックするとちゃんと穴が空いていたのでパンクしたのは間違いありません。
タイヤ表面を見るとゴムが劣化して無数のヒビ割れがあるものの、そこからチューブが飛び出している訳ではないのでヒビ割れが直接の原因では無いと思います。
そこで「ローラー台」「パンク」でググってみると意外とたくさんヒットします
で、みなさん色々と原因を推定しているのですが、決定的な原因は分からず。
まぁ、そんな訳でここから言える事は
「一年くらいたったらパンクもあり得るからタイヤは交換しましょう!」
と言うことですね。

ヴィットリアホームトレーナーの使用前使用後比較
新品(左)と1年使用するとトレッド面の摩耗だけでなく、ゴム質も硬化してテカっているので相当性能も落ちてるのも納得ですね

とりあえずチューブ交換して空気を入れたら無数のヒビ割れが現れました!(左)
でも裏側にまで貫通していないし、そんなにダメージがあるようには見えないんですよね~(右)

ゴリックス トレーニングタイヤ を買ってみました

という事でタイヤを買おうとネットを覗いて見るとビットリアホームトレーナーと似たようなルックスのGORIXのトレーニング用タイヤを見つけました(HPはこちら)。
GORIXとは自転車部品の通販サイト ごっつプライスが立ち上げたオリジナルブランド (ブランドについての説明はこちら)で、いろいろなオリジナル商品が揃っています。
価格もサイトによって違いますがVittoriaより500〜1000円程安いようなので、1年周期の消耗品ならば、少しでも安いモノを探そうと思いチャレンジしてみました。
外観チェック

ローラー台なので排水性も必要ないのでスリックでいいと思いますが、なぜがアラベスク(アイスラッガー?)のようなパターンが刻まれております
このパターンの効果は想像がつきませんが、練習用タイヤならではの遊び心と考えればこのデザイン、私は好きですねー(^^)

裏面はこんな感じ(よくわかりません)
柔らかく、厚みがあって非常に丈夫そうな感じです

ロゴマークも結構目立っていていい感じだと思います

ホイールに組み付けるとまるで間違い探しのようです
ちなみに左がGORIXで右がVittoriaです

推奨空気圧

Vittoria 7-10(bar)
GORIX 7.7-8.7(bar)
ローラー台専用タイヤの場合、外を走るタイヤと違って路面状況や気圧によって空気圧を変える必要はない訳だから推奨空気圧のレンジは狭くてもいいのですが、ヴィットリアのレンジは非常に広いのが目立ちます。
きっとヴィットリアは外を走るタイヤ(zaffiro)をベースにしていてそのビード構造を流用してるからで、特に意味は無いと思います。
一方、ゴリックスは空気圧の変動分くらいしかレンジがなく分かりやすいです(笑)
その分はビード強度が落ちているハズで、そのせいか若干ですがゴリックスの方がタイヤへの装着もし易かった気がします。
私の場合、上限値に近いところ(8.5かな)で入れて8を切ったら入れなおすことになると思います

重量
ローラー専用なので重さは全く重要ではありませんが比べるものがないので比較してみました。
Vittoria 255g(HP記載値は新品で270g)
GORIX 404g (HP記載値は新品で350g)
ゴリックスは持った感じを裏切らない重さですね!
でもその分耐久性はヴィットリアより高いと期待できるのだと思います!

GORIXは持った感じのゴムたっぷり感を裏切らない重さですね。(左)
Vittoriaはすり減った状態ですが、新品でもGORIXほどは重くないでしょう(右)

使用感

ローラー台専用タイヤなので大した感想はありませんが、とりあえず使ってみて気づいた点をお話します。
よくローラー台専用タイヤを使うと『タイヤカスが出る!』という話を聞きますが、私は全く出ませんでした。
以前、ヴィットリアを使った際に一度だけタイヤカスが出た時があります。
でもそれは負荷ローラーのタイヤへの押し付けが甘かったからであり、適切に(タイヤに食い込むほどに)セットしたら全くでなくなりました。
冬場のL4-L6のインターバルトレーニングの負荷でもスリップすることはありませんでした。なのでグリップ力も問題ないと思います
(それ以上の負荷領域は知りません、というかできません)

ちょっと気になるのは実は一定負荷で回す際、ちょっとだけ楽になった気がするんです
もしかしかしたらタイヤ重量が増えた分でホイールの回転慣性力が大きくなり、負荷的に補助されているのかも知れません。
(ペダルを休めてもちょっとだけホイールが回ろうとするんです)
トレーニング負荷が変わるほどではないのですがフィーリング的に違和感を感じるかもしれませんのでご承知おきください

まとめ

まだ最後まで使っていないのですが、仮にこのままヴィットリア並みに使えれば(最低1年以上)価格が安い分、お買い得なタイヤだと思います。
そういう意味ではまだ評価を出せませんが、今の時点では全く問題なく使用できているのでいい買い物をしたと思っています。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。

自転車グッズランキング


GORIX training tire
amazon

GORIX(ゴリックス) 室内屋内専用 自転車タイヤ 700×23c [ホームトレーナー専用 タイヤ 耐摩耗性] 騒音軽減・静音 (レッド)

新品価格
¥2,799から
(2019/1/14 10:39時点)

楽天
(表記は送料別の値段なのでご注意ください)

【あす楽】GORIX ゴリックス ローラー台専用タイヤ ホームトレーナータイヤ レッド 700×23c

価格:1,999円
(2019/1/14 10:47時点)
感想(1件)

Vittoria home trainer

amazon

Vittoria(ビットリア) タイヤ ザフィーロプロ ホームトレーナー [zaffiro pro home trainer] 700x23c フルレッド クリンチャー 270g ホームトレーナー専用 111.330.17.23.222BX

新品価格
¥3,375から
(2019/1/14 10:43時点)

楽天
(表記は送料別の値段なのでご注意ください)

【エントリーでポイント10倍! 1/1~1/31】Vittoria ヴィットリア ZAFFIRO PRO HOME TRAINER ザフィーロ プロ ホームトレーナー 700×23C 自転車 タイヤ クリンチャー 700C

価格:2,541円
(2019/1/14 10:51時点)
感想(0件)

タイヤパウダー
タイヤ交換の際にタイヤの裏側に塗っておくとチューブの癒着を防ぐと言われております(笑)
塗っても時間が経つと癒着しちゃうので気休めかも知れませんが、
私は少しでもチューブが長持ちするのではないか?と思って必ず使っています

もちろん今回も使用しています

amazon

パナレーサー タイヤパウダー [タイヤ・チューブ専用設計] スポンジ付属 BTP-1

新品価格
¥762から
(2019/1/14 10:55時点)

楽天
(表記は送料別の値段なのでご注意ください)

【あす楽】パナレーサー タイヤパウダー 50g

価格:807円
(2019/1/14 11:02時点)
感想(3件)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください