『思いっきり走って罪悪感なしに食べる幸せ』を満喫できるサイクリングコースを紹介します- 伊豆下田スイーツライド(後編)とさかなや道場での反省会




南伊豆の走雲峡ラインに完全沈黙させられたけど、最後は反省会で完全復活したライド

伊豆下田スイーツライドの後編です。
ちなみに前編の様子はこちらです

『思いっきり走って罪悪感なしに食べる幸せ』を満喫できるサイクリングコースを紹介します- 伊豆下田スイーツライド(前編)と扇屋製菓のメロンタルト

後編では扇屋製菓さんで朝スイーツ定食(*)を頂いた後、今回のサイクリングの目的地である石廊崎までのサイクリングを紹介します。
隠れた難所走雲峡ライン、そして言葉を飲み込む石廊崎の絶景、そして最後は大人のサイクリングに欠かせない反省会の様子を是非ご覧ください。
(*)勝手に命名してます。お店で注文しても混乱を招くだけなのでオーダーはご遠慮ください

サイクリング計画

  • 11:30 スタート 扇屋製菓出発
  • 12:00 目的地(石廊崎)到着&ハイキング開始
  • 12:50 石廊崎 出発
  • 14:00 ゴール(伊豆急下田駅)&輪行準備
  • 15:00 反省会開始 in さかなや道場 伊豆急下田店
  • 16:56 反省会フォロー会 in 踊り子20号
  • 18:47 小田原駅到着 解散

サイクリングコース図

扇屋製菓さんから走雲峡ライン経由で石廊崎でハイキング。そして反省会会場の伊豆急下田駅へ向かうコースです。

南伊豆サイクリングの見どころ

前半でほぼ体力を使い果たしゆっくりしか走れなかったという個人的な事情はありますが、絶景の多いコースなのでゆっくり走って景色を堪能するのがこのコースの楽しみ方だと思います(笑)

ではこのコースの見どころを紹介いたします。

走雲峡ライン

伊豆半島のちょうど東西の中間あたりで国道136号線から石廊崎を南北に結ぶ非常に便利な道。
山奥を貫通するロケーションからかつては不法投棄が多かったそうですが、地元の方たちの賢明な努力によって観光名所に生まれ変わりつつあるコースです。

今回はシーズン的にも見れませんでしたが道沿いには棚田や蓮池があるそうで、季節によって違った景色が楽しるそうです。

サイクリスト目線で見ると…
ストラバ上は”層雲峡クライム”と北海道の名所と混乱しそうな名前で表示されるセグメントがそうで、それによると全長2.83km 平均勾配4.6%となっています。
平均勾配は低めですが、それは下り区間があるからで登りパートはほとんど8%以上(10%を超える勾配区間も多々あります)なので、あまり油断しない方がいいと思います。
上で景色が楽しめる…と書きましたがそれは最初の方だけで、コースの大半は森に囲まれており、登るほど景色は見えなくなるのでひたすら自問自答を繰り返しながらヒルクライムに集中できる道場みたいなコースだと思いました。(笑)
ヒルクライム好きな人は是非お試しください
(コースの詳しい様子は下にある動画も参考にしてください)

走雲峡ラインについて詳しい情報はこちらをどうぞ➡コミュニティ静岡 『桃源郷・里山つくりネットワーク』

走雲峡ライン入口

国道136号線を走っていて現れるこの看板のある交差点を左折します

この看板のある交差点を左折します

ストラバのセグメント開始地点

勾配がきつくなるのはこの辺からです

ストラバのスタート

この右カーブがストラバのセグメントの始まりです。
勾配が一気にきつくなるのですぐ分かります

南伊豆の湧き水 山田の水

コース上で湧き水を汲める場所があります
山田の水について詳しい情報はこちらをどうぞ➡静岡県公式HP 静岡県の湧き水

ここは湧き水もあります。(右の祠がそうです)
緊急時の補給はもちろん、名水好きの方は要チェックです

チェックポイント 分岐

石廊崎方面に行くにはこの分岐を左折します

チェックポイント 『守ろう自然の緑…』の看板
何度も頂上らしき景色が現れ、何度も淡い期待を打ち砕かれてきましたが、ここがホントに最後です。
ここを超えれば後は下りです!

このコースは下り区間もありますので、何度も騙されるのですが、この景色が見えたらホントの頂上です

下りは路面が悪いところが多いので、速度超過とパンクに要注意です

走雲峡ライン終了

県道16号線に出たら右折します

県道16号線に出たら走雲峡ラインは終了。
石廊崎はここを西(右折)に向かいます

県道16号線(下田石廊松崎線)

石廊崎方面にはまたちょっとだけ登ります

トンネル前を左折して駐車場に向かいます

石廊崎に到着

駐車場に到着すると料金小屋にいたおねーさんが笑顔で出迎えてくれました。
サイクルラックはないものの『駐車場の看板に括り付ければ見といてあげるよ』とうれしいお言葉をかけて頂きました。
お言葉に甘えてここに自転車を停めさせて頂きました。

駐車場のおねーさんのご厚意でクルマの駐車場内に自転車を停めさせて頂きました

石廊崎 ハイキング

伊豆半島の最南端の岬。海底火山の噴火でできたのでゴツゴツとした荒々しい岩場が特徴です。
太平洋に突き出た先端からの絶景に加え、灯台と2つの神社もあって絵になるスポットです。

先端に向かう際は足場の悪い急な階段を上り下りする際、ビンディングシューズの方は滑りやすいので要注意です。
(クリートカバーはMUSTです。できればSPLシューズで来たいですね)

駐車場から石廊崎オーシャンパークまで

最初からオーシャンパークに自転車で行くアプローチもありますが、意外とアップダウンが多く疲れるのでこのルートにしました。
まぁのんびりするには丁度いいルートだと思います。
石廊崎オーシャンパークについて詳しい情報はこちらをどうぞ➡南伊豆観光協会 石廊崎オーシャンパーク

駐車場から石廊崎オーシャンパークまではハイキングです。クリートカバーは絶対持って行った方がいいです

石廊崎灯台

明治4年(1871年)に建てられたそうで、150年の歴史を誇る伝統ある灯台です。
石廊崎灯台のライブカメラ映像はこちら➡海上保安庁 ライブカメラ【石廊崎】

石廊崎オーシャンパークに入ってから暫く歩くと灯台が見えてきます

絶壁に建っているので灯台自体は短小です

ここからの景色も既に絶景です

下で事件が起きてそうな火曜サスペンスチックな絶景

更に進んで先端に向かいます。
この辺の階段はクリートでも問題ないです

石廊崎先端

先端が見えてきました。
あそこまで行けます

ヤバいのはこの階段です。
クリートは滑りやすいので足元要注意です

石室(いしむろ/いろう)神社

歴史は古く起源は飛鳥時代(建立701年、大化の改新の56年後ですよ!歴史ロマン感じるなぁ~)にまで遡ると言われている神社
それだけ歴史があると神話のようなエピソード(伊豆七不思議)もあって、その一つの石廊崎権現の帆柱は社殿内部からガラス越しに見ることができます。
石室神社について詳しい情報はこちらをどうぞ➡南伊豆町観光協会HP 石室神社と熊野神社
伊豆七不思議について詳しい情報はこちらをどうぞ➡IZU HUCK 【伊豆七不思議】世にも奇妙な7つのミステリーへご案内

階段を降りたところにあるのが石廊崎の2神社のひとつ、石室神社

ガラスの下には伊豆七不思議のひとつ 石廊崎権現の帆柱が見えます

先端に向かいます。二股はどっちから進んでもいいようです。

最先端の広さはこのくらいです

熊野神社

何故こんなところに縁結びの神様が?と思われた方へ、ちゃんとした言い伝えがあるんですよ。
詳しくはこちらをどうぞ➡南伊豆町観光協会HP 石室神社と熊野神社

縁結びの熊野神社があります

ここから石室神社を見ると、ホントに岩に食い込んで建っている様子がよくわかります

ここから伊豆七島が見渡せます。風が強いので持ち物が飛ばされないように注意が必要です

県道16号(下田石廊松崎線)伊豆急下田駅まで

伊豆半島最南端を走る県道で多少アップダウンはあるのもの交通量も少なくとても走りやすい道でした。
海沿いのコースなので海を見ながらこの後の反省会の事を考えながら走るにはちょうどいいコースです。

海を見ながら走れる楽しいコースです

この後の反省会の事を考えれば、既に力尽きているハズの脚に力が戻ります

そしてついにゴールの伊豆急下田駅に到着!

【反省会会場の紹介】さかなや道場 伊豆急下田店

『輪行なので自転車を近くに置きたいんだけど…』、と相談したら『お店の中に入れちゃっていいですよ!』と神対応してくれたお店
下田名物のキンメダイのメニューも豊富です。
おすすめは金目の串焼き。串に刺すとなぜが旨さ倍増!
さかなや道場について詳しい情報はこちらをどうぞ➡食べログ さかなや道場伊豆急下田店

反省会スタート!

踊り子20号の出発時刻までの2時間弱の反省会場はここ。
ホームの目の前なので出発ギリギリまで(静かに)反省してました

踊り子号の中でも軽く(静かに)フォロー会
これで全工程は終了

まとめ

扇屋製菓さんで朝スイーツをした時点で、このサイクリングの9割は終了したと思っていましたが、伏兵走雲峡ラインに遣られてボロボロに…
でもナントかなるもんですね~(笑)
ナイトライドからのヒルクライムハイキング。そして最後はラクチン輪行反省会!と振り返ってみると楽しい事ばかりでした。
このサイクリングは癖になりますよ

今回はこれで終了です
皆さんのサイクリング計画の参考になれば幸いです。
ではまた

【動画】伊豆下田スイーツライド(後編)とさかなや道場での反省会

走雲峡ラインの映像や石廊崎の絶景は動画の方がイメージが伝わると思いますので、よかったらこちらもご覧ください


ブログランキングに参加しています
よろしければ下記をクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします

投稿者プロフィール

44kz(ししかず)
44kz(ししかず)
自転車に乗ることで日々の活力を回生させている壮年ライダーです。
エントリーアルミのTCRにパーツを交換しながら乗っています。
このブログでは実際に使ったアイテム&走ったコースの紹介をメインに綴っていきます。
Team SUMIT&神奈川ランチライド会会員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください