かすみがうらエンデューロ2015

悲願の優勝!

チーム結成2年目にして悲願の初優勝!

チーム結成2年目にして掴んだ初優勝!

チームサミットは前に紹介した通り、このレースのために結成されたので、このレースを獲る!というはクリアしなければならない課題であり、ある意味悲願でもありました。
チームの若返りも果たし、前哨戦の富士チャレンジでも手応えを掴み、満を持していよいよ本番に臨んだのでした!

万全を期してスタート!しかーーし、またもや出遅れる!

 本番当日、2回目なのでコースも進行もアタマに入っているので落ち着いてスタートを迎えたのですが、コミュニケーションミスから最初の選手交代に手間取り、またしてもオープニングで出遅れるハプニングが発生。
それでも2戦目でもあり、みんな落ち着いてペースを刻んだ結果、2時間を
経過前にはチーム初となるレースリーダーに立ちました。
その後も着実に後続との差を広げつつあったのですが、これまでの経験上、疲れ果てる最後の1時間で大逆転がよくあるので気を引き締めつつ走ろう!っとしている後ろで…

マネージャーの一人宴会始まる

レース中にフライング! 一人宴会中のマネージャー

レース中にフライング!
一人宴会中のマネージャー

富士チャレンジで冷静なラップタイム分析をし、レースを動かすキッカケを作ってくれたマネージャーがここでいきなり一人宴会を開始!
この笑顔がチーム内に勝利を確信させつつも、喜びに浮かれないようにチーム員全員が、集中して喜びを我満して最後まで
全力で走りきった結果、終了10分前には2位にセーフティーリードを蓄えることに成功!


最後は頑張ったうーこさんをウィニングランナーにすべく最終周に投入!

チェッカーを受けるうーこさん 実はこの直前に2位のチームに抜かれていたのでした。

自慢気にチェッカーを受けるうーこさん
実はこの直前に2位のチームに抜かれていたのが表彰式で盛り上がれた(?)原因です。

 

セーフティーリードに守られつつ、2位のチームにゴール直前で抜かれたものの、まだ1周差を付けつていたので余裕のチェッカーフラッグを受け終了しました。

自作自演劇場のはじまり~

表彰台の直ぐ手前の一番目立つところで浮かれて待機している際、ほろ酔いのマネージャーが公式記録の配信サイトのログでは7秒差で2位と表示(結果的に誤記でした)されている事に気付き、真っ青になってみんなにひそひそ話で報告。
みんなもそんなハズはない!と思いながらケータイ画面を見て、ゴール直前で抜かれたことを思い出し、各自が訳も分からず反省ムードに。
『あたしが浮かれてたから間違えたんだ…』
『各自があと1秒縮めればよかったんだねよ…』
『優勝の副賞の巨大な船の模型、誰が引き取る?なんて言うからバチが当たったんだ』
とか、一番前で一転淀んだ雰囲気を作っていました。

キッカケはこのログ この後更新されるのに2日くらいかかってました。 (遅いよ~)

キッカケはこのログ
この後更新されるのに2日くらいかかってました。(遅いよ~)
ゴール直前に抜かれたため+0.07というのが最もらしかった

優勝チームのみ頂ける貴重な船の模型 チーム員全員に行き渡るまで優勝しないといけないね

優勝チームのみ頂ける貴重な船の模型
チーム員全員に行き渡るまで優勝しないといけないね

地獄から天国

しかし、司会者は『優勝、チームSUMIT』とコールしたから、一気に大騒ぎ!まさに地獄から天国とはこのことです。
周りから見たら、判ってるくせに大げさに騒ぐ奴らだ、と思われたと思いますが、自然とそうなっちゃいました。
とにかく最高の結果を出し、更に勝手に自作自演で大盛り上がりした大会でした。

当日の主催者レポートもあります。こちらからどうぞ

ブログランキングに参加しています
よろしければ下記をクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします

自転車競技ランキング

    かすみがうらエンデューロ2015” に対して1件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください