初ノリクライマーしてきました! その1 旅行記編

9月中旬、クライマーの聖地 乗鞍エコーラインを初めてサイクリングしてきました。
今回はレースではなく自転車仲間と一泊二日の宴会を含む紅葉サイクリングという事で、まるで修学旅行を彷彿させるようなハイテンションなツアーでした。
内輪ネタも多々あって恐縮なのですが、とにかく初めて尽くしで、書きたい事が溢れそうなので宿や食事ネタを含む旅行記編とエコーラインを走った感想を含めたサイクリング編の2回に分けてお話します

まずは移動、宿、食事の旅行記編です

その前に…乗鞍ってどこ?

ロードレーサーに乗るようになるまで、山といえばスキー場しか知らず、富士山の麓にすら行った事がありませんでした。
そんな私ですから”乗鞍”と言っても正直なところ大体の方向すら分かっていませんでした。
なので先ずは場所を確認しました。
でも、八王子ICから約3時間弱って、意外と近いのかな?

白馬乗鞍とは全然違う方向なのね…
松本ICから一般道で50分とのこと。意外と近いのね

乗鞍観光センターを9:00に出発するぞ!

という企画部長 ダイちゃんの号令のもと、皆さん3〜4時頃家を出てメンバーを集めながら乗り合いで乗鞍に向かったのでありました。が…

諏訪湖でこの状況ですからね~
まぁのんびり行きますか!

現地の天気状況を確認した結果、ゆっくり行って天気の回復を待つ計画にしました。
自転車やってる人はわかると思いますがクライマーには(攣る攣る)詐欺師が多いんです
ここにいらっしゃるのは大詐欺師 OM師匠(左)と若手詐欺師のM君(右)
そして有名詐欺師に囲まれる幸せな私(中)

現地はまだ雨…とりあえず清水牧場チーズ工房

諏訪湖SAで現地の天気を確認したところ、午前中は大雨の予報…
とりあえずサイクリングは午後からで午前中はドライブして時間を潰そう!
という事で松本ICを降りて乗鞍観光センターに向かわず、最初に目指したのは清水牧場(HPはこちら
ここで絞りたて牛乳を頂きながら、今日明日の行動計画を相談することにしました。

清水牧場
分かり難い場所なのでたどり着くだけで達成感を味わえる貴重な牧場でした

しぼりたて牛乳500ml
紙パックで”特濃〇〇%”と乳脂肪分を自慢している牛乳のような演出めいた味ではありません。
意外とあっさりした飲み口ですが後味と風味がしっかり残る”ホンモノ”っぽさが漂う逸品でした

そうこうしているうちに晴れ間が見えてきました

清水牧場じ時間を潰しているうちに、大分天気が回復して晴れ間もチラホラ見えてきました。
晴れ間が見えればテンションが上がります!
牧場を後にして、林道を突っ走って乗鞍観光センターに到着!

時刻は11時、天気は完全回復の青空!
いよいよあのエコーラインをはしる時が来ました。

清水牧場を後にして乗鞍観光センターに向かう途中にある有名な大カエデ
ちょっとだけ紅葉が始まった感じでした

ついに到着!
先ほどまでの雨空なんか想像できないくらいの青空で、テンションも上がります!

目の前の雲の向こうにある山の頂にゴール地点”畳平”があります
ワクワクしますね~

さあ、とにかくシュッパーツ!(*)

(*)長くなるのでエコーラインのレポートは後編をご覧下さい

〜〜中略〜〜

という事で、前編では無事下山したところから、お話を続けまーす

温泉の宿 雷鳥/Guesthouse Raicho

という事で無事に全員下山完了。
そのまま今夜お世話になる宿、温泉の宿 雷鳥 まで自走してチェックインを澄まし、とりあえず温泉タイム!

乗鞍観光センターから徒歩5分くらいのところにあるお宿
初めて利用したのですが、既にまた行きたくなっている魅力あるお宿でした

メンバーのバイクの紹介 実力抜群の若手詐欺師 MくんのSタマ(左)と
”レースは嫌いです”なんて言っておきながら飛んでもないペースで走る悪徳詐欺師のダイちゃんのADDICT DISK(中)、そして平民の私のTCR(右)

ここで温泉の宿 雷鳥を簡単に紹介しておきます

ステキな天然露天風呂と自炊、持ち込みOKの基本的に自由なルールなので日本人だけじゃなく外国の利用者にも大人気の宿です。
サイクリストや登山者に大人気でその自由な雰囲気のおかげで初対面のお客さん同士での会話や宴会が自然に始まる不思議な空間でした。

1人で来てもここに来れば初対面の利用客同志で交流が始まるという素敵な空間

小さく見えるかも知れませんが10人弱なら一度に入れました
素晴らしいの癒しの湯でした

乗鞍温泉の特徴である硫黄系のお湯は時間を忘れされる程、魅力的なんですが、本日は既に予定外のスケジュールで行動しているため、温泉を十分に堪能する間も無くカラスの行水並みの慌しさで夕飯タイム。
雷鳥は素泊まりが基本なので夕飯は近くの喫茶メープル に移動しました。

メープルの外観
写真を撮り忘れたので食べログさんの写真をお借りしました

喫茶 メープル

このお店も雷鳥同様大人気のお店で、休日に飛び込みで訪れても入れない可能性がありました。(食べログはこちら
しかし今回、現地の手配は底知れない人脈を持つゲンさんが予め予約を入れてくれていたおかげでスムーズに着席
(予約人数が3人少なかったのはご愛嬌)
そこに松本駅から自走してきたゲンさんチームも合流!

そして、

ようやく、

お待ちかねの乾杯タイムでーす!!

過酷なコースを共に経験した仲間に加え、初対面メンバーのフレッシュなキャラクターも合流、そして素晴らしく美味しい料理と冷たいビール!
これ以上、何が必要でしょうか?

カンパーイ!

 

ゲンさんチームも合流
一気に賑やかなディナーパーティになりました

美味しい料理と冷たいビール、そして楽しい仲間たち
正にサイコーな瞬間でした

その後、何を喋ったのか一切覚えていません

しかし、楽しかった〜という記憶だけが残っています。
写真見ると思い出してニヤけるほど楽しかったなぁ〜

メープルでお腹いっぱい夕飯を食べても、まだ夜の7時過ぎ…

雷鳥に戻って当然2次会が始まります

と、そこに仕事が終わって単独で来た 青鬼 こと センセーが到着!
すると宴会のパワーが一段とアップします。

さらに、ゲンちゃんが雷鳥に来ているという話を聞きつけて、他の宿から山男山ガールまで合流!

なんだかんだで半数が初対面というメンバーでハイテンションなパーティになりました

『なんであなたがここにいるの?』

な〜んて考える意味なんてない、理屈抜きで楽しい不思議な空間でした。

2次会のスタート
今度はカクテルも出てきました!

コレが利用客の心を鷲掴みにする雷鳥パワーか!

リピーターが増える訳ですよね~
しかしここに参加している皆さんは実は翌朝は早い時間から移動する人ばかりなんです。
朝3時に御嶽山に向かう!と言ってたツワモノもいるし、かくいう我々も朝6時からもう一度エコーラインを登ります。

そんな訳で終わることなんて想像できなかった宴会は不思議と自然と収束して、いつの間にか皆さんそれぞれの寝床に戻っていったのでした。
(このあたりの切り替えがいわゆる ”オトナの遊び” なんでしょうね~)

という事で、旅行記編はこの辺でお開きにしたいと思います。

ちなみに御嶽山に行く!と言っていた方はちゃんと予定通り出発したそうです。
さすがです…

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。

サイクリングランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください