『思いっきり走って罪悪感なしに食べる幸せ』を体験できるサイクリングコースを紹介します- 神奈川県道214号線(武上宮田線)とミックスミサキのシロクマのかき氷




三浦半島の内陸を走って獲得標高1000mを目指せるコースです

江ノ島方面から城ヶ島方面に向かって海沿いを走るコースは比較的勾配が緩やかで走りやすいコースのイメージがあると思います。
しかし地形的に見ると三浦半島の中央部(葉山や横須賀の内陸)には湘南国際村や大楠山など標高200m級の山が連なっていて意外とヤマヤマなコースなんです。

今回走ったサイクリングは元々、湘南国際村(獲得標高約150m)は登るものの、城ヶ島へ生しらすを食べに行くいつもの楽々ランチライドだったんですが、私のブログでも何度か登場している裏道マニア先生が国際村を降りた時点で

『予定より時間があまったので、ちょっと回り道しようー!』

と笑顔で先頭に立った途端、城ヶ島に着くまでに獲得標高はいつもより200mくらい増えて、スタート地点(鷺舞橋)に戻る頃には総獲得標高は900mを軽く超えていた!(今回は930mでした)という感覚的にちょっと不思議なサイクリングでした。
今回はそんなマジカルミステリーなコースを紹介しようと思います(笑)。
最後に実際に走った様子をまとめた動画もありますのでそちらも是非ご覧ください。

サイクリング計画

  • 07:00 第1集合場所   境川遊水地公園(鷺舞橋)
  • 08:00 最終集合場所   ファミリーマート逗子渚橋店
  • 09:00 休憩1回目    湘南国際村バスターミナル(頂上ロータリー)
  • 10:00 休憩2回目    ヤマザキYショップ フジトモ商店
  • 10:30 ランチタイム   城ヶ島 かねあ
  • 11:30 デザートタイム  ベイサイドかき氷カフェミックスミサキのシロクマ
  • 15:30 解散       境川遊水地公園(鷺舞橋)

サイクリングコース図

チマコッピは湘南国際村ですが、その後小さなササクレのような登りがたくさん詰まったコースです

サイクリングコースの見どころ

ではこのコースの見どころを写真多めで紹介いたします

【第1集合場所】境川遊水地公園(鷺舞橋)

サイクリストの憩いの場、
そして、ここに来れば誰かに会うという素敵な出会い(=待ち合わせ)の場。
相模原方面隊は一度ここに集合してから第2集合場所を目指します。

イメージ写真
今回は自前の写真を撮り忘れたので神奈川県公園協会のHPより引用させて頂きました

【第2集合場所】ファミリーマート逗子渚橋店

三浦方面にも横須賀方面に出られる好立地にある上にサイクルラックも完備していてサイクリストの待ち合わせ場所として人気のある場所です。
今回もここで横浜方面隊と待ち合わせして三浦方面に向かいました。

横浜方面隊と合流して全員集合!

【チェックポイント】湘南国際村(裏道)

今回も湘南国際村には裏道からエントリーしました。まぁ最後の激坂を除けばクルマ通りは少ないし、日陰もあるので走りやすいコースではあります。

湘南国際村(裏道)の詳細については過去記事に書きましたのでよかったらそちらもご覧ください

『思いっきり走って罪悪感なしに食べる幸せ』を満喫できるサイクリングコースを紹介します- 湘南国際村(裏道)とまるい食堂とミサキドーナツ

湘南国際村裏道の最終区間は激坂なんです(汗)


何回来ても写真は撮らないとね!

【チェックポイント】武山駐屯地から県道214号武上宮田線へ

ふつーなら国道134号線をそのまま南下すれば城ヶ島に着きます。が
今回はわざと遠回りするため陸上自衛隊 武山駐屯地の前の林交差点を左折して武上宮田線を目指します。
林交差点を左折して暫く進み一騎塚交差点を右折した道が県道214号武上宮田線です。

林交差点(Google mapより)


一騎塚交差点を右折します
ここからが県道214号線です


県道214号線
緩やかな勾配はありますが走りやすい道です

【チェックポイント】空と畑に囲まれた名もない絶景ロード

武上宮田線を暫く進むとセブンイレブン横須賀須軽谷店があります。
実はここでセブンイレブンを左折して武上宮田線を離れます。
ここからは名もない(スミマセン、調べきれなかった…)農道のような道を進みます。

そしてこの道が絶景の道なんです!
(なんていう道なんだろうなぁ~)
細かいアップダウンをやり過ごした先に空と畑の超爽快な景色がありました!

セブンイレブン横須賀須軽谷店を左折します

道幅は狭く小さなアップダウンがあります

やがて空と畑しかない超スッキリな景色が現れます!

いつまでも走っていたい道です

名残惜しいけど下山します…

【チェックポイント】三浦海岸

超絶気持ちのいい農道を道なりに降りてくると京急久里浜線 津久井浜駅の横をくぐり抜け三浦海岸に出ます。
ここからは国道134号線に沿って城ヶ島方面へ向かいます。

道なりに降りてくると京急線が見えます。

国道134号線に出ました!

三浦海岸のシンボル
マクドナルド横嫁に海沿いに進みます

夏の海沿いっぽい景色です

【チェックポイント】亜美ちゃん坂

ミウイチする際には避けられない超メジャーな坂道です(笑)
ストラバによると距離800m 平均勾配3.3% と決して激坂ではありませんが、この日はさっきの農道で大分削られたのでプロフィール以上にきつく感じました(汗)

あの先の登りがアニメ”ろんくらいだぁーす”で有名になった亜美ちゃん坂です

この日はプロフィール以上にきつく感じました…

【チェックポイント】もう一つの絶景ロード 大根丘陵縦断街道

亜美ちゃん坂を登ったら道なりに進めば城ヶ島に着きます、が
ここでも先頭をひく裏道マニアのホンキさんが大暴れ…
松輪漁港を過ぎたところで毘沙門海岸には向かわず、下り基調の道を敢えて離れ山登りを始めました(笑)

意外と激坂な脇道を登ったところが”大根丘陵縦断道路”です。
この道は三浦市の特産である大根の畑の中突っ切り、三浦半島最高峰でかつ神奈川県で最も低い山である”岩堂山(標高80m)”に向かう農道です。
目的地に対しては楽できるわけでもなく、単なる遠回りのコースなんですが、ここは城ヶ島方面の海を見渡せる絶景ロードと言える道でした。
遠回りしてでも通る価値はある!と言えると思います!

亜美ちゃん坂を登れば後は下り基調です
松輪サバで有名な松輪漁港を通過します

松輪漁港を過ぎて暫く進むと現れる脇道に入ります

この脇道、見た目より激坂に感じます

大根丘陵縦断道路
前方に見える岩堂山まで続く大根畑の中を走ります

岩堂山から見た宮川公園
この日はシンボルの風車がフル稼働してました

風車を見ながら下ります




【ランチのお店紹介】城ヶ島かねあ

ランチはかねあさんの生しらすです。
今回は生しらすネギトロ丼を頂きました。
新鮮なので甘みを感じる生しらす…期待を裏切らない旨さでした!

かねあさんのHPはこちらです➡https://kanea.web.fc2.com/

城ヶ島に入りまーす

かねあさんに到着!
”生しらすあります”の看板で既に癒されてます

透き通った生しらす
見た目で既においしさが想像できます

【スイーツのお店紹介】ベイサイドかき氷カフェ ミックスミサキのシロクマ

ランチの後は城ヶ島大橋を渡って三崎港に向かいます。
お目当てのお店は2019年にオープンしたかき氷専門店ミサキのシロクマさんです。
鹿児島発祥と言われるフルーツと練乳たっぷりのシロクマかき氷を頂きに来ました。
到着した時は運よく他のお客さんがいなかったため、待たずに全員で着席できました。

この日の外気温は35℃を軽く超える猛暑だったので半世紀を生きたおじさんズには超過酷な環境だったのですがシロクマかき氷で十分にクールダウンできました。

ミサキのシロクマさんのHPはこちらです➡http://mix-shirokuma.bitter.jp/

店内を覗くおじさんズ

もちろんメニューはこれだけではありません!

店内の壁はアートギャラリーとして開放しています。
もちろん購入も可能だそうです

今回頂いたのはハチミツキウイシロクマです
ザクザクのキウイは中にもゴロゴロしているのでペース配分を考えずに食べれます(笑)

【チェックポイント】国道134号線

このコースは戻る時の景色も素晴らしいんです。
特に夏の国道134号線は湘南の人気海岸を横目に夏らしいサイクリングをするには最適なロードだと思います。

夏空と海とウィンドサーフィン!
絶景です

毎度おなじみの季節はずれの海岸物語トンネル
やっぱり夏のビーチの方が絵になりますねー

江ノ島が近くなってきたら海沿いのウキウキサイクリングは終了です
後は川沿いを40km走って終了です

まとめ

三浦半島のヒルクライムと言えば湘南国際村した思い浮かばなかったのですが、今回のライドで選択肢が広がりました。
山だけでなく海の景色も楽しめる今回のコースは夏らしいサイクリングを体験するのに最適なコースだと思います

今回は以上です。

皆さんのサイクリング計画の参考になれば幸いです。
ではまた

<参考>
ストラバ記録(自宅から)
距離:129km
消費カロリー: 2299kJ
平均速度:23.7km/h
TSS:422

【動画】県道214号線とミックスシロクマのかき氷   


ブログランキングに参加しています
よろしければ下記をクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします

投稿者プロフィール

44kz(ししかず)
44kz(ししかず)
自転車に乗ることで日々の活力を回生させている壮年ライダーです。
エントリーアルミのTCRにパーツを交換しながら乗っています。
このブログでは実際に使ったアイテム&走ったコースの紹介をメインに綴っていきます。
Team SUMIT&神奈川ランチライド会会員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください