やっぱりあると安心、ロード用バックミラー CORKY

ツールも始まってまさに夏のサイクリングシーズンが始まりました。
雨ばっかりでなかなか長距離は走れませんが、本来なら家でローラー練習やるくらいなら早起きしてでも外を走りたくなる季節です。

私の場合は外を走る際、夏でも薄暗い静かな山道で悶絶している事が多いので比較的クルマの存在は音で把握できますが、どうしてもクルマ通りの多い道を走らなければならない場合は音ではなかなか判別が付きません。
それに自転車専用レーンがある道路はまだまだ少なく、障害物や遅い自転車をかわすため右に寄る前に後方確認しようとしたら、すぐそばにクルマがいた!
なんてヒヤッとしたこともあります。

そんなこんなでなぜか自分自身の安全意識が突然高まったのでバックミラーをつけることにしました。

CORKY PREMIUM REARVIEW MIRROR

The BEAM CORKY rear view mirror
コーキー バックミラー

ロード用バックミラーも探せばいろいろな種類がありますが、今回コーキーを選んだ理由は、ズバリ見た目です。
使っている時のミラー面の大きさにはちょっと寂しいものがありますが、使わないときの隠れっぷりは、まぁ『お見事』、というかそれ以上はどうしようもないよね~と勝手に納得しました。
詳しくはメーカーHPの紹介動画をご覧ください(メーカーHPはこちら

まずはバーテープを交換しました

取付はバーエンドプラグと交換するだけ。これだけなら3分でできます。
しかし、今回はそもそもバーテープも寿命だったのでバーテープも交換しました。
今回使用したバーテープはNOGUCHIのNBT-002です。
(もちろんバーテープがキレイな方はバーテープを交換しなくても取り付けは可能です)

交換前
ここまで使えば十分でしょ(笑)
スパカズはグリップ性能&クッション性ともに非常に良かったです

初めて使うNOGUCHI NBT-002
これを選んだ理由は値段!
1000円ちょっとなので失敗しても比較的早く立ち直れます!

交換完了。
ボツボツの表面の触り心地は気持ちいです。
ただ両サイドの厚みがあるので巻いた時の一体感(ツライチ感)はイマイチかな…
スパカズに比べると伸縮性はあるので巻きやすいですが薄いのでクッション性は意外と悪いです

ちなみにバーエンドは付属品(銀色)は使わず、以前のモノ(アーレンキーで締め付けるタイプ)を流用。
このタイプは固定力が強力なので紛失する心配はありません。

CORKY REARVIEW MIRRORの取付

おまたせ致しました。ようやくミラーの取り付けに入ります。

ミラー面積は小さいモノの解像度はよさそう(左)
バーエンドへの取り付けはアーレンキーで締めこむタイプ。通常のバーエンドプラグを抜いて交換するだけ(右上)
同胞されているのは本体と小さなアーレンキーのみ(右下)

取付完了
小さいけど意外と存在感がありますね

ミラー面積は小さいですが解像度は高く非常にクリアーな視界を提供してくれます。メーカーHPによると40m後方のクルマも確認できるそうです。
ミラーは安全なアクリル製で重量は16gだそうです

インプレッション

さっそく朝練で使ってみました。
重量増(右だけ+16g)の影響なんて全くありません。ダンシングしても全く違和感なし。
一番肝心なのは小さなミラーでちゃんと後方が見えるかどうか?です。
これは見解が分かれるかも知れません。

バートップをもつポジションで調整したのですが、非常によく見えます。
もちろん凝視する訳には行かないのですが、結構遠くのクルマの存在も確認できました。

見解が分かれると言ったのは姿勢によっては全く見えないからです。
バートップポジションで合わせましたが、ブラケットポジションでもちょっと上体を前後させれば見えるポジションが見つかりました。
しかし、TTポジションのように姿勢を低くしたら全く見えません。
当たり前ですが、頭がミラーより前方に行くので物理的に無理です。
つまりミラーを有効活用するには姿勢に制約がでる、という事です。

まぁ、これはどうしようもないですね~
危険を察知したら早めにポジションを起こしてミラーみるような習慣をつけるしかないと思います

まとめ

ロード用バックミラーとして私が期待している役割は…
後方目視確認をするアクションに入る前に、ハンドルを真っすぐにキープしたまま少なくとも危険ゾーンにクルマがいるのかいないのか?を瞬時に確認できること、です。
そういう視点でCORKYを見るとミラー面積は小さめなので距離感を把握するのはちょっと慣れが必要になりますが、ミラーの解像度は高いのでそばに何がいるのかは瞬時に判断できました。
最終的には目視確認をしてから進路変更をするのですが、より小さくクイックなアクションで安全を確認できる優れたアイテムと言えます。
私的にはかなり出来のいいロード用バックミラーだと思います。

強いて欠点を上げるとすればミラーの角度を保つ保持力がいつまで持つのだろう…という心配です。
ボールジョイントのようなものを挟み込む構造ですが、この部分を増し締めできるような構造にはなっていないので、この保持力が弱くなったら製品の寿命、という事でしょうか。
振動の多い道を通る際はフタを閉じてジョイントの摩耗を減らす注意が必要かも知れませんね。

ボールジョイントを挟み込む保持力を増し締めすることは出来ないので、ここがグラグラになったら寿命かも

ブログランキングに参加しています。

よろしければ下記バナーをクリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします。


自転車グッズランキング


CORKY PREMIUM REARVIEW MIRROR
(コーキー プレミアム リヤビューミラー)

amazon
全5色ありますが、色によって価格が違います(リンクの先で選べます)

ビーム (The Beam) ドロップバー用サイドミラーCORKY [コーキー] ホワイト

新品価格
¥2,137から
(2019/7/13 14:04時点)

楽天

送料を含めるとアマゾンより高めですが、ポイントがある人はお勧めです

The Beam CORKY コーキー バーエンドミラー 自転車 ロードバイク ドロップハンドル用

価格:1,780円
(2019/7/13 14:10時点)
感想(0件)

バーテープ NOGUCHI NBT-002

このバーテープの魅力はなんと言っても価格です。
意外とクッション性はよくないので厚手のテープが好きな人はちょっと注意した方がいいかも
とは言え、ウィザードやスパカズの1/3という価格はダメ元で試してみようか!という気にさせてくれます(笑)
耐久性がどのくらいあるか、はちょっと不明。まずは様子を見てみます

amazon

ノグチ(NOGUCHI) NBT-002 [ハイグリップ] バーテープ ブラック 015153

新品価格
¥926から
(2019/7/13 14:46時点)


楽天

(NOGUCHI)ノグチ BARTAPE バーテープ NBT-002 ハイグリップバーテープ ブラック(4962625100465)

価格:864円
(2019/7/13 14:49時点)
感想(0件)

    やっぱりあると安心、ロード用バックミラー CORKY” に対して1件のコメントがあります。

    1. ラディアン より:

      便利アイテムですね。今はむき出しのバーエンドミラーを使ってますがこれもありですね

      1. Yoichi より:

        コメントありがとうございます。
        意外と使い勝手が良くてすごく気に入っています。
        ただ、荒れた路面では振動が多い道ではやはり角度が変わってしまうのでいちいち調整する手間はかかりますね

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください